HOME エンジニアリング協会について 組織 詳細

運営委員会

協会の業務の運営に係わる重要事項について審議することを目的とします。

企画会議

<企画会議の位置づけと目的>
運営委員会の下にあって、協会全体の運営に関わる重要事項の企画・立案を行い、決定事項を推進・フォローする、委員会組織において中核的役割を担う会議です。世の中の環境変化に応じた協会の進むべき方向性や新しい事業への取組み方針など、賛助会員と協会との活発な意見交換の場となっています。

広報部会

総合企画会議の下部組織として、エンジニアリング産業の社会的意義・役割とエンジニアリング振興協会の活動内容を広く世に広め、ひいては協会活動の活性化に資することを目的としています。
そのために、各委員会、部会との情報共有化のための対話強化を図り協会活動の状況を把握するとともに、ホームページ、広報紙などのツールを活用してエンジニアリング産業の役割と各委員会、部会活動を含め、協会活動全般についての広報を展開しています。

活動状況

産業分類・統計対策特別委員会

産業分類・統計対策特別委員会は、総合企画会議の下部組織として、エンジニアリング業が日本標準産業分類(以下「産業分類」という。)において細分類以上に分類されることを図るため、産業分類の改訂等に必要な関係資料整理及びエンジニアリング業の社会的認知度を高めるための具体策を検討する。また、産業分類に関連する国の統計において「エンジニアリング業」を正しく認知理解できるための分析・検討を目的とする。

活動状況

国際協力委員会

1985年の委員会開設以来、当委員会には各種のエンジニアリング分野を代表する企業から委員が派遣され、国際協力・国際交流などの国際活動を積極的に展開しています。
国際協力分野では、発展途上国などに毎年調査団を派遣して、訪問国との意見交換や、現地側の要請などで、単一企業では対応が難しい問題に関し、委員会企業の幅広いスペクトラムを基に、複合的な提案を行っております。
国際交流分野では、国内外の要人、識者の招聘講演を継続して行い、情報の収集と会員企業への発信に勤めています。

活動状況

人材開発推進会議

人材開発推進会議は、わが国エンジニアリング産業の社会的プレゼンスの向上と競争力の強化の一環として、わが国のエンジニアリング業界のニーズに即して一般財団法人エンジニアリング協会が実施する人材開発育成事業に資することを目的とし、次のような業務を行います。

  1. エンジニアリング産業に係わる人材開発育成に関して協会が実施すべき事業の調査研究および企画立案
  2. 人材開発育成に関し協会が実施する部会活動および講習会の開催等の事業に係る企画・調整
  3. 人材開発育成の分野における国等の政策・施策との連携ならびに大学等の教育機関および他の業界との情報交換および連携
  4. 協会が実施する人材開発育成に係る事業の成果の情報の発信
  5. 前各項に掲げるもののほか、会議の目的を達成するために必要な事項

業務の遂行を分担する下部組織として、次の三つの部会を設置します。

  1. セミナー企画調整部会
  2. 人材育成部会
  3. 産学企画調整部会

活動状況

セミナー企画調整部会

人材開発推進会議の下部組織として、推進会議が決定する社会人向け各種セミナー企画・実施を推進するため、次の業務を行います。

  1. 社会人向けセミナーの企画立案、検討、調整、実行。
  2. 前項に掲げるもののほか、部会の目的を達成するために必要な事項。

活動状況

人材育成部会

人材開発推進会議の下部組織として、人材育成に関わる事項について調査研究・開発、普及等を推進することを目的とし、主として次の業務を行います。

  1. 人材育成セミナー(SP-A1 仕事の極意等)の企画立案、開催、推進会議への実施報告。
  2. 人材育成に関する特定テーマ(テーマは部会にて自主的に決定する。)の研究、推進会議への経過・結果報告。

活動状況

産学企画調整部会

人材開発推進会議の下部組織として設置し、産学人材交流センター(以下「センター」という。)の円滑な活動の推進を図ることを目的とし、次の業務を行います。

  1. センターに係る業務の基本方針及び業務の執行に関する重要事項等の審議。
  2. センターの求めに応じ、個別事項に関し必要な助言、指導等。
  3. 前各項に掲げるもののほか、部会の目的を達成するため必要な事項。

活動状況

研究開発企画委員会

エンジニアリング産業における研究開発に関する内外の社会的ニーズや最新の技術開発動向を踏まえ、今後の研究開発の方向性や戦略を企画・立案するとともに、エンジニアリング技術に係わる適切な課題・テーマを設定して実施することにより、エンジニアリング産業の研究開発ポテンシャル向上とプロジェクト形成を図ることを目的として活動を行っています。

(委員長:川崎重工業(株) 瀬川 雅司 氏)

これまでの取り組み課題・テーマのリスト・要約はこちら

具体的には、企画調整グループと4つの研究部会、個別技術テーマ別の研究会などを設置して調査・研究活動を行っています。

<取組みテーマについてのお問合せは、技術部の各担当者宛にお願いいたします。>

企画調整グループ

研究開発企画委員会における審議を円滑に進めるため、今後の研究開発の方向性や戦略の企画・立案、今後取組むべき適切な課題・テーマの設定にあたっての詳細な検討を行っています。この企画調整グループの検討結果が研究開発企画委員会に諮られます。

(主査:新日鉄エンジニアリング(株) 元内 利文 氏)

研究部会

  • 各社に共通する基盤的課題を対象として調査に取り組んでいます。調査成果は、各社の企業戦略策定のための基盤的情報としてお役に立つことを目指しています。
  • 調査のサブテーマは、前年度に研究開発企画委員会及び企画調整グループと研究部会との間で意見交換のうえ、研究開発企画委員会で審議・決定されます。
  • サブテーマに取り組むWGのメンバーは、前年度末に当協会賛助会員企業等に対してホームページ上で公募を行います。
1.循環型社会システム研究部会

「先導的エンジニアリング力向上の為の調査研究」(競輪の補助事業)の一環として、資源循環、物流システム等、資源とリサイクル分野に関するエンジニアリングへのニーズ・シーズの調査・分析、関連技術動向の把握、今後の方向性の検討などの調査・研究を行っています。(本事業は競輪の補助を受けて実施しています。)

(部会長:三井造船(株) 板谷 真積 氏)

現在、「震災復興と資源循環のための社会システムの調査研究」というメインテーマの下、2つのサブテーマを設定し、それぞれWGを結成して取組んでいます。

☆第1WG:日本の風土に沿ったバイオマス循環社会の提案(バイオマス利活用のあるべき姿と震災復興への貢献)
☆第2WG:災害対応静脈物流システム構築のための調査と方策の提案

取り組みテーマ概要はこちら

2.エネルギー・環境研究部会

当協会の自主事業として、地球温暖化問題とそれに関連する未利用エネルギー、再生可能エネルギーなど新エネルギーの有効利用等、環境とエネルギー分野に関するエンジニアリングへのニーズ・シーズの調査・分析、関連技術動向の把握、今後の方向性の検討などの調査・研究を行っています。

(部会長:宮城大学 矢野 歳和 教授)

現在、「震災後のエネルギー・環境のベストミックスと新バイオマス社会の調査研究」というメインテーマの下、2つのサブテーマを設定し、それぞれWGを結成して取組んでいます。

☆第1WG:震災と原発事故後のエネルギー再構築
☆第2WG:新バイオマス社会の提案

取り組みテーマ概要はこちら

3.都市・地域研究部会

当協会の自主事業として、疲弊する都市、衰退する地方など今後の社会生活が大きく変貌を遂げようとしている状況に鑑み、都市や地域での問題に関するエンジニアリングへのニーズ・シーズの調査・分析、関連技術動向の把握、今後の方向性の検討などの調査・研究を行っています。

(部会長:大成建設(株) 宗守 信雄 氏)

現在、次のテーマを設定し、取り組んでいます。

☆「スマート防災都市」構築の調査研究-災害に強く低炭素な都市・地域づくり-

取り組みテーマ概要はこちら

4.新産業研究部会

当協会の自主事業として、時代とともに移り行く我が国の社会構造、生活者の価値観などを踏まえ、これまでのコンベンショナルな産業分野、技術分野等にとらわれず、新しい事業分野に対するエンジニアリングへのニーズ・シーズの調査・分析、関連技術動向の把握、今後の方向性の検討などの調査・研究を行っています。

(部会長北陸先端科学技術大学院大学 中村 孝太郎 氏)

現在、次のテーマを設定し、取り組んでいます。

☆クラウドコンピューティング等ITを活用したエンジニアリングの調査研究

取り組みテーマ概要はこちら

個別技術テーマ別の研究会

次代を担う先導的な技術・システムについて、概念設計・フィージビリティスタディ・基礎実験・実証試験等の調査研究・実証研究等を行っています。(本事業は競輪の補助を受けて実施しています。)

  • 調査研究テーマは、前年度に当協会賛助会員企業等に対してホームページ上で技術課題・テーマの提案公募を行います。
  • 提案があった技術課題・テーマは、前年度に研究開発企画委員会において提案企業匿名で審査が行われ、その中から次年度の(財)JKAへの予算要望テーマが優先順位付きで採択されます。
  • 予算が認められた要望テーマは企業に委託して実施しますが、委託企業は当協会賛助会員企業等に対してホームページ上で公募を行って決定します。
  • 実施にあたっては学識経験者を交えた研究会を組織して、調査研究の方向性等についてのアドバイスを受けることとしています。
  • 調査研究成果は、各社における今後の本格的な技術開発や実用化など次のフェーズに発展することを目指しています。

平成24年度は、次のテーマに取り組んでいます。
☆ エネルギー自立型排水浄化再利用システムの調査研究

取り組みテーマ概要はこちら

戦略的課題に係わる研究会

現在、検討中。

専門部会グループ

白書部会

エンジニアリング産業の実態と動向の分析および将来展望を考察する「エンジニアリング産業の実態と動向」(白書)の刊行に関する業務を行います。

活動状況

財務部会

主に財務面およびプロジェクトのファイナンスに関する調査研究・政策提言の検討等を行っております。

活動状況

契約法務部会

主に契約法務に係わる事項についての研究調査、普及等を推進することを目的とした業務を積極的に展開いたしております。

活動状況

安全法規部会

エンジニアリングに関する安全法規及びその背景となる技術等を調査・研究するとともに、必要に応じエンジニアリング業界の意向をまとめ、関係官庁等に意見具申を行うことにより、エンジニアリング業界が社会に供給するプラントや設備の安全性向上に寄与することを目的として活動をしております。

活動状況

情報システム部会

活動状況