平成19年度(第27回)エンジニアリング功労者賞決まる!!

 更新日:2013.06.28

 財団法人エンジニアリング振興協会(会長:増田信行)は、平成19年度(第27回)エンジニアリング功労者賞の受賞者を決定し、その表彰式を7月12日(木)17:00から東海大学校友会館(東京都千代田区霞が関3-2-5)で行うこととなった。
 エンジニアリング功労者賞はエンジニアリング産業に関与し、その活動を通じエンジニアリング産業の発展に著しく貢献したグループ(チーム)および個人を表彰するもので、今回は27回目である。
 受賞者は東京大学名誉教授 小島圭二氏を委員長とする選考委員会の厳正なる審議を経て決定されたもので、グループ表彰として11件および個人表彰として1件が受賞対象となり、海外におけるエンジニアリング活動を通じての「国際協力」、エンジニアリング産業における技術力の向上や新分野の開拓等の「エンジニアリング振興」および「特別テーマ(1)中小規模のプロジェクトを対象とした特別枠、(2)わが国エンジニアリング産業の新たな事業展開に先駆的な例を示したプロジェクトの特別枠」が受賞理由となったものである。
 受賞者の方々は次のとおりである。

受賞者紹介全文

グループ表彰

国際協力
名    称 代 表 者(現職)・構成員数

インド・PLDプロジェクトチーム

[東洋エンジニアリング(株)、
石川島播磨重工業(株)、
Toyo-Engineering India]
前澤 文昭
(東洋エンジニアリング(株) 国内事業本部 プロジェクト第2本部 担当部長)
奥藤 正義
(石川島播磨重工業(株) 環境プラント事業部 プロジェクト統括部 副部長)
55名
タイ・IRRプロジェクトチーム

[JFEエンジニアリング(株)、
大成建設(株)、西松建設(株)、
Sino-Thai Engineering &
Construction Public Co.,Ltd.]

綿引 透
(JFEエンジニアリング(株) プロジェクト推進部 副部長)
50名
ベトナム・バイチャイ橋建設チーム

[清水建設(株)、
三井住友建設(株)]

吉田 喜義
(清水建設(株) 作業所 所長)
17名
エンジニアリング振興
名    称 代 表 者(現職)・構成員数
開放型シールドMRI室実現化プロジェクトチーム

[鹿島建設(株)]

鍋島 健彦
(鹿島建設(株) エンジニアリング本部PMソリューショングループ部長)
16名

スイス/フランス CERN1.8Kヘリウム冷凍ユニットチーム

[石川島播磨重工業(株)]

本田 忠明
(石川島播磨重工業(株) 環境・プラント事業部 エンジニアリング統括部)
7名
南田中トンネル築造工事チーム


[東京都建設局、大成建設(株)]

島田 剛
(東京都 建設局 第四建設事務所 庶務課 課長補佐)
向井 研
(大成建設(株) 東京支店土木部統括所長)
11名
副生炭酸ガス冷熱分離回収統合利用技術開発プロジェクトチーム

[新日本石油精製(株)、千代田化工建設(株)]

小林 宏二
(新日本石油精製(株) 技術部技術グループチーフスタッフ)
田中 昌司
(千代田化工建設(株) 国内第1プロジェクト本部 Sr.P部長)
4名
環境貢献
名    称 代 表 者(現職)・構成員数
中国・CDQ事業推進チーム

[新日鉄エンジニアリング(株)]

西村 聡
(新日鉄エンジニアリング(株) 営業本部営業総括室長)
39名

中国・CONCHセメント排熱発電設備プロジェクトチーム

[カワサキプラントシステムズ(株)]

反田 克史
(カワサキプラントシステムズ(株) エネルギープラント総括部 排熱設計グループ長)
13名
特別テーマ 中小規模のプロジェクトを対象とした特別枠
名    称 代 表 者(現職)・構成員数
防虫エンジニアリングチーム

[(株)竹中工務店]

稲岡 徹
((株)竹中工務店 エンジニアリング本部 課長)
5名
特別テーマ わが国エンジニアリング産業の新たな事業展開に先駆的な例を示したプロジェクトの特別枠
名    称 代 表 者(現職)・構成員数
排出権ビジネスの確立と推進PJチーム

[日揮(株)]

澤田 健太
(日揮(株) 営業統括本部 新事業推進本部 原子力・環境事業部)
55名

個人表彰

氏    名 現        職

鈴木 智治
1946年(昭和21年)生まれ

飛島建設(株) 国際支店 インドネシア事務所 担当部長

<本件に関するお問い合わせ先>
(財)エンジニアリング振興協会  業務部長 吉野、業務部 小倉

お問い合わせはこちら