HOME 調査研究 水素エネルギー利用 「Technical Achievement Award」受賞

「Technical Achievement Award」受賞

(財)エンジニアリング振興協会(ENAA)と(財)日本自動車研究所(JARI)が、JHFCプロジェクトで「2006 IPHE Technical Achievement Award」を共同受賞!

水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)(http://www.jhfc.jp/)の実施団体である、(財)エンジニアリング振興協会(ENAA)と(財)日本自動車研究所(JARI)が、水素関連の国際協調組織であるIPHE(International Partnership for the Hydrogen Economy)より、「Technical Achievement Award」を共同受賞しました。IPHEは、米国エネルギー省(DOE)が事務局を務めており、原則として各国の政府代表者で構成されています。日本からのメンバーは、経済産業省資源エネルギー庁燃料電池推進室で、副議長国を務めています。燃料電池推進室から日本を代表する実証プロジェクトとして推薦して戴いたことが、今回の受賞につながりました。プロジェクトに参画して戴いた関係企業の方々に改めて感謝の意を表します。授賞式は2006年6月13日、フランスのリヨンにて、第16回世界水素エネルギー会議(WHEC)のレセプションの席上で行われ、当協会から参加した技術部水素プロジェクト室の戸室仁一室長代理に対し、表彰状が授与されました。 


表彰状が授与された、当協会
水素 プロジェクト室の 戸室室長代理

2006 IPHE Technical Achievement Awardの表彰状

IPHE Awardの授賞式