第3回海外安全対策講座(OSE)
海外出張者・赴任者向けの危機管理訓練 HEAT short version

 本講座では、日本企業の危機管理体制を総合的に支援する専門組織である CRISIS MANAGEMENT GROUP (CRISIS MANAGEMENT 株式会社:エンジニアリング協会 賛助会員)が、高い専門知識を持ち現場経験も豊富な講師による講義と、海外の赴任先で一般犯罪事件やテロに巻き込まれた場合の対処方法に関する想定実地訓練(体験型)を提供します。
 本講座では誘拐、テロ、暴動、銃火器、爆発物に関する基礎知識及び自らが生活の中で行うべき危機管理や心構えについて、講義を行います。 また、海外の工場やオフィス、空港、レストランなどで事件や武装グループによる襲撃、誘拐などに巻き込まれた際の対処方法、退避方法、基本行動や心構えなどについて、外国人スタッフを含めたトレーナーとともに想定訓練を行います。  
 赴任地・出張先が現在は危険地域でなくとも、明日の治安状況は誰にもわかりません。ぜひ本講義をきっかけに、海外のみならず国内においてもふだんから危機管理の意識を高めていただければ幸いです。

PDF版はこちら

越智 楢男(CRISIS MANAGEMENT株式会社 元陸上自衛隊所属)

 防衛大を卒業後、陸上自衛隊に勤務。レンジャー部隊を経て、富士学校教官を務め2002年一等陸佐で定年退官。 2003年〜2012年の間、アフガニスタンで実施されたJAICA・民間企業などによる復興支援の現地セキュリティを担当。2012年からはNGOアフガニスタン関連セキュリティ業務を担当。現在、CMSS株式会社にてシニアインストラクターとして講師を務める。

千葉 貢(CRISIS MANAGEMENT株式会社 元陸上自衛隊所属)

 32年間陸上自衛隊勤務の中、カンボジアPKO派遣や陸上自衛隊小平学校語学教育部で教官を経て外務省へ出向。在グアテマラ日本大使館にて勤務後、自衛隊情報保全隊に所属。現在、CMSS株式会社にて情報分析と危険地でのセキュリティ業務ならびに安全管理責任者として務める。

【実施要領】
開催期間 平成28年7月12日(火) 13:00 ~ 16:30
開催場所 一般財団法人エンジニアリング協会 会議室
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-18-19(虎ノ門マリンビル10階)
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
定員 100名 (先着順に受け付け、定員になり次第、締切らせて頂きます)
募集期間 平成28年6月24日(金) ~ 平成28年7月11日(月)
参加費用 一般価格:10,000円  会員価格:無料
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 企画渉外部 安全対策支援室
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:中村、田中(裕)、飯島

お問い合わせはこちら

プログラム

平成28年7月12日(火)
13:00 1)テロリズム概要(座学)
2)銃火器・爆発物の脅威(座学)
3)【実地】
4)暴動とその対策(座学)
5)【実地】
15:00 休憩
15:10 1)【想定訓練】空港、レストラン、ショップ
2)誘拐とその対策(座学)
3)【実地】
15:40 総括および質疑応答