第5回 安全対策セミナー -海外活動における危険回避への対策-

PDF版はこちら

開催日時 平成29年7月20日(木) 13:30 ~ 17:00
開催場所 東京海上日動ビル 新館(15階中会議室)  ※セミナー場所にご注意ください。
〒100-0005
東京都千代田区丸の内一丁目2-1
参加費用 無料
定員 100名
募集期間 平成29年6月14日(水) ~ 平成29年7月19日(水)
共催 一般財団法人エンジニアリング協会、一般財団法人海外投融資情報財団、東京海上グループ
後援 外務省、独立行政法人日本貿易振興機構
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 企画渉外部 安全対策支援室
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:神吉、田中(裕)、中田

お問い合わせはこちら

プログラム

基調講演 (13:30 ~ 14:30)

「海外での安全確保 ~政府の取組と企業の皆様へのお願い~」

斉田 幸雄(外務省 領事局 邦人テロ対策室長 兼 経済局 官民連携推進室 日本企業海外安全対策特別専門官)

 日本人が犠牲となったバングラデシュ・ダッカでの事件から1年。欧州、アジアを含め各地で引き続きテロ事件が発生しています。
 最近のテロ情勢や、テロに限らず、海外において自らの身を守るための留意点をご説明いただくとともに、安全対策のための外務省の取組や皆様にご活用頂けるツールをご紹介いただきます。

講演 (14:30 ~ 15:30)

「テロ・犯罪集団による強盗、テロ、身代金誘拐被害防止対策について」
(凶悪犯罪から如何に社員を守るか)

廣瀬 幸次(株式会社オオコシセキュリティコンサルタンツ シニア・コンサルタント)

 自分の身は自分で守るのが安全対策の基本です。しかし、海外においては安全対策を社員任せにするという訳には行きません。
 特に凶悪犯罪が多発する治安の悪い国では社員が不安を抱きながら毎日を過ごしています。このような国で活動する社員を守るための安全対策は、企業全体、とりわけ幹部や危機管理担当者が主体的に取り組んでいく必要があります。
 そのうえで、社員が安全対策を確実に実践していくことが重要であることを紹介して頂きます。


 15:30 ~  コーヒーブレーク

講演 (15:40 ~ 16:40)

「海外における安全対策を中心としたリスクマネジメント」

深津 嘉成(東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 ビジネスリスク本部 主席研究員)

 グローバル化が進展し、多くの企業で海外事業の重要性が増す中で、テロ、誘拐、政変、自然災害、感染症等、多様なリスクが世界各地で顕在化しており、海外子会社等のガバナンスを含む、リスクマネジメント体制の構築が急務となっています。
 グローバルにビジネスを展開する企業においては、どのようにリスクをとらえ、対応体制を構築すべきなのか、具体的事例を挙げながら、解説致します。

16:40 質疑応答

 16:50 閉会挨拶(東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 代表取締役常務 庄子憲義)