第17回 L1PM基礎習得コース 
~新入社員研修にもご活用いただける、プロマネへの第一歩~

国内外のプロジェクトマネジメントに共通する基本的な管理手法が学べます。実務で応用できるように、演習により理解できるまでわかりやすく指導することが特徴です。管理手法を2日間学んだあと、3日目はプロジェクトの契約から引き渡しまでを学び、若手人材の早期戦力化につなげていきます。
今回は特に国内プロジェクト業務を考慮し、3日目の「プロジェクト実務の実践、応用」の講師は総合建設企業出身で海外プロジェクト経験の豊富な方です。
L2PM実務修得コースを受講する前に基本的な知識、手法を習得することができます。

 
開催日時 平成29年10月4日(水) ~ 10月6日(金)

※詳細なプログラムは以下のとおり。

開催場所 当協会会議室(予定) 地図
定 員 50名

※先着順に受け付け、定員になり次第締め切ります。

受講料(消費税込) 101,000円、 会員価格:67,000円

※お振込みくださった受講料はご返金できませんので、申し込まれた方が出席できなくなった場合は、代理の方がご出席ください。

申込締切日 定員に達したため、募集受付を終了いたしました

【受講対象】 新入社員~入社数年の方向け *実務経験はなくてもよい

お問い合わせはこちら

プログラム

 10月4日(水) 1.プロジェクトマネジメント(PMT)の基礎知識および基本的な管理手法の習得Ⅰ
         ~PJとは? PMTとは? PMとは? PJの最初に行うこととは? PJの基本的進捗管理手法の習得~

09:30 1)プロジェクトマネジメントとは?
11:10 2)組織、人的資源マネジメントの習得
13:40 3)プロジェクト計画の立て方
15:20 4)スケジュール管理の習得
17:00       <終了>

10月5日(木) 2.プロジェクトマネジメント(PMT)の基礎知識および基本的な管理手法の習得Ⅱ
        ~リスクとは? 品質とは? 契約とは?~

09:30 5)コスト管理の習得
11:10 6)リスクマネジメントを学ぶ
13:40 7)品質マネジメントを学ぶ
15:20 8)プロジェクトデータの処理および管理
17:00       <終了>

10月6目(金) 3.知識管理手法を活かした実践、応用
        ~Engineering, Procurement, Construction & Commissioning~

09:30 2.プロジェクトマネジメント(PMT)の基礎知識および基本的な管理手法の習得Ⅱ
9)プロジェクト契約の基礎
13:30 3.知識管理手法を活かした実践、応用
1)設計(Engineering) 管理業務
14:40 2)調達(Procurement) 管理業務
15:50 3)建設工事(Construction) 管理業務とプラントの納入
17:00       <終了>

プログラムの詳細はこちら

講 師:

①初日&2日目
 加藤  亨 千代田ユーテック(株)社長

②3日目
 藤田  實 
エトリオン・サービシーズ・ジャパン㈱EPCディレクター
       
元 清水建設㈱国際支店プロジェクト推進部長

本講座の特徴

①短期間でプロジェクトマネジメント業務、エンジニアリング実務の基本的知識・管理手法を習得できる。

②プロジェクトマネジメント実務用語に慣れる。

③実務で応用し実践できるまで分かりやすくレクチャーする。

④テキストはプロジェクト業務に沿っているので、予習、自習がしやすい。

⑤テキストが取り扱っている事例は海外での石油・化学プラントが中心だが、pptスライドや演習教材で標準的管理手法を取り上げているので、国内プロジェクト、ITプロジェクト、開発プロジェクト等のプロジェクトマネジメントにも役立つ。

こんな会社(または個人)に受講してほしい

①エンジニアリング会社新入社員に基本的なプロジェクトマネジメント手法を会得してほしい。

②プロジェクトエンジニアが不足している。若手を中心に急ぎ育てていきたい。

③プロジェクトマネジメントに係る文献を見ても、総論としては理解できるけれども実務とは繋がらない。未だにプロジェクトマネジメント業務を明確に理解できていない。

④入社数年経ち現業からプロジェクト部門に異動しプロジェクトに携わる予定の方。あるいは製造業の方で、工場からプロジェクト部門に異動する予定の方。

⑤L2実務習得コースを受講する前に基本的な知識、手法を習得しておきたい方。

 

●今後のスケジュール

第17回 10月4日(水)~6日(金)<国内工事編>

第18回 平成30年2月7日(水)~9日(金)