SP-G2国内契約モデルフォームコース ~プラント建設国内契約のプロを目指す~

【国内プラント建設向けモデルフォームの制定】
一般財団法人エンジニアリング協会(ENAA)では、これまで、海外におけるプラント建設用の標準契約約款として、1986年以来、3つの「ENAAモデルフォーム」を作成・発行しており、これらモデルフォームは国内外から高い評価を得ています。
一方、国内における標準的な建設工事約款としては、民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款(民間連合約款)や公共工事標準請負契約約款などが存在しますが、いずれもプラント建設を想定したものではないため、国内のプラント建設工事に適する標準約款の制定が期待されていました。
そこで、ENAAの契約法務委員会(当時)では、民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款委員会の委員であった大森文彦弁護士のレビューも受けながら、2004年に「ENAA国内プラント建設契約モデルフォーム」を発行しました。
その後、民間連合約款の改正、建設業法の改正を反映し、文言の正確性等も考慮して、2011年に改訂版を発行しました。

【セミナーの狙いと特徴】
ENAAでは、上記の通り制定された「ENAA国内プラント建設契約モデルフォーム」を、エンジニアリング業界のみならず、プラントオーナー、法曹界、金融業界など、プラントの建設プロジェクトの分野に携わる方々に広く理解頂き、出来るだけ多くの機会にご活用いただける様に、その制定の背景、特徴、ポイント、民間連合約款との違いなどを解説するセミナーを、2004年以降、毎年開催しています。
本セミナーにおいては、ENAA契約法務部会のメンバーを講師として、「ENAA国内プラント建設契約モデルフォーム」を出来るだけ分かり易く説明すると共に、セミナー参加者とのQ&Aを通じて、同モデルフォームについてのより深い理解を得ていただけるものと存じます。

【ご参加いただきたい方】
・プロジェクト関係業務(法務部門、営業部門、プロジェクト部門、財務・ファイナンス部門)もしくは関連業務に携わっておられる方々。
・特に、国内プロジェクトにおいて、発注者もしくは請負者の立場の企業のプロジェクト関係者の方々。

【実施要領】
開催日時 平成29年10月13日(金) 13:15 ~ 17:40(受付開始 12:45)
(詳細はプログラムをご参照ください。プログラムはこちら
開催場所 一般財団法人エンジニアリング協会 会議室 <地図
〒105-0001
港区虎ノ門3-18-19虎ノ門マリンビル10階
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
定員 50名 (先着順に受け付け、定員になり次第、締切らせて頂きます)
受講料(消費税込) 一般価格:9,000円(テキスト代は別途)  会員価格:6,000円 (テキスト代は別途)
(テキスト代は2,300円(税込、送料別)なお、恐縮ですが振込手数料はご負担願います。) 

申込受付後請求書を郵送しますので、原則セミナー開催前にお振込みください。
お振り込みいただいた受講料はご返金できませんので、申し込まれた方が出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
申込締切日 平成29年10月6日(金)
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 産学人材開発部
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:田中裕、田中理恵

お問い合わせはこちら お申込みはこちら

プログラム

平成29年10月13日(金)
13:15 協会挨拶
13:15 制定の背景とそのねらい/改正の背景とそのねらい
13:35 モデルフォームの構成と「工事等請負契約書」について
14:10 「ENAA国内プラント約款」「第1条 許認可等の取得」から「第14条 支給品」
15:00 「第15条 発注者の立会い」から「第26条 部分使用」
16:20 「第27条 瑕疵の担保」から「第36条 合意管轄」
17:10 質疑応答

テキスト(テキスト代は別途)

既にお持ちの方は、テキストを当日ご持参ください。
お手持ちでない方には、下記価格(送料別)にて頒布致しますので参加申込フォームの受講教材欄にチェックを入れて下さい。

お問い合わせはこちら お申込みはこちら