平成29年度「エンジニアリング功労者賞・奨励特別賞」表彰式挙行される

 更新日:2017.07.26


「エンジニアリング功労者賞・奨励特別賞」表彰式


受賞代表者 山口貴志 氏による謝辞


懇親パーティの様子

平成29年度「第37回エンジニアリング功労者賞」および、「第9回エンジニアリング奨励特別賞」の表彰式が平成29年7月18日(火)17時から第一ホテル東京において執り行われました。
受賞者は、多数の案件の中から、小島圭二氏(東京大学名誉教授)を委員長とする選考委員会の厳正なる審議の結果、「エンジニアリング功労者賞」はエンジニアリング産業に関与し、その活動を通じエンジニアリング産業の発展に著しく貢献したグループ表彰10件および個人表彰1名が決定され、「エンジニアリング奨励特別賞」は、今後商業化が期待されるプロジェクトを対象とし、先駆的技術の開発に顕著な功績のあった2グループおよびインフラシステム輸出に顕著な功績のあった1グループの表彰が決定されました。

大下理事長の式辞に続き、「エンジニアリング功労者賞」のグループ表彰10件【国際貢献5件、エンジニアリング振興1件、環境貢献1件、中小規模プロジェクト枠3件】個人表彰【国際協力】1名、「エンジニアリング奨励特別賞」グループ表彰3件に対して、大下理事長より表彰状および副賞(記念品)が渡されました。

来賓の経済産業省製造産業局国際プラント・インフラシステム・水ビジネス推進室長の玉井優子様による祝辞と受賞者代表としてグループ表彰を受けられた「インドネシア国ジャカルタ市タンジュンプリオクアクセス道路(E2A)建設プロジェクトチーム」山口貴志氏((株)大林組)の謝辞があり、表彰式は厳粛に執り行われ、出席者一同より、心からお祝いの拍手をもって終了しました。

表彰式終了後、協会懇親パーティが開催されました。
この度理事長交替がありましたので、佐藤前理事長の退任挨拶、大下理事長の就任挨拶が行われ、経済産業省製造産業局長の多田明弘様の来賓挨拶、小島エンジニアリング功労者選考委員長の乾杯の音頭で始まったパーティは功労者表彰を受けられた方々を中心に賑やかかつ和やかな夕べとなりました。


佐藤前理事長、大下理事長、前野専務理事および
小島エンジニアリング功労者等選考委員長と
「エンジニアリング功労者賞・奨励特別賞」受賞者一同

受賞者詳細

<本件に関するお問い合わせ先>
一般財団法人エンジニアリング協会  企画渉外部 中村

お問い合わせはこちら