第6回SP-A3トラブル解決の達人
~契約面からのプロジェクト・トラブル解決のプロフェッショナルを目指して~

セミナーのねらい

プラント建設等、海外プロジェクトを遂行する際には様々なトラブルに見舞われますが、それらの多くには、契約上の措置をきちんと取っておけば未然に防げたものも少なくありません。工事内容・範囲の不明確さに起因する工事の手直し・工事の追加、客先都合による工事範囲の追加・変更(Change Order)に伴う納期延長・契約価格増額の交渉の不調、性能確認試験における原料・ユーティリィティ(電気・ガス・水)の客先責任による供給の遅れに伴う引渡の遅れ等、枚挙にいとまがありません。その結果、納期の遅れ・工事費用の増加・売上入金の遅れ等が生じ、工事採算が悪化することがあります。
さらに、昨今、プロジェクトがこれまで以上に大型化し、関係当事者も増えて複雑化しており、またインフラシステムなどの大型案件の引き合い・受注も増えているため、トラブルが未経験なものも含めて発生する可能性がますます増えています。

本セミナーは、これら契約に絡んで起こるトラブルの主要なものにつき、その原因を分析するとともに、当協会が策定・発行するENAAモデルフォーム・プロセスプラント国際標準契約書(※)の規定や考え方を理解することを通じ、これらを予防・解決する実務的能力を習得することを目的としています。

本セミナーでは、標準契約約款を適用してトラブルを予防・解決する実務能力を習得するには、標準契約約款の解説と標準契約約款を事例に適用する訓練の両方が必要であるとの考えに立ち、プログラムは標準契約約款の講義・解説と事例研究のグループワークの2つの要素から構成され、実務能力の獲得を目指しています。

なお、標準契約約款の解説では、全ての事項を総花的に解説するのではなく、プロジェクト遂行上の重要事項を重点的に、また参加者と一緒に重要条文を読み込みながら解説しますので、容易に標準契約約款の基本的な考え方を把握することができ、短期間で契約面からトラブルを未然に防止し、また解決する実践的能力を獲得することができます。

※【ENAAモデルフォーム プロセス・プラント国際標準契約書】
当協会の契約法務部会が永年の研究と実務経験に基づき策定・発行したもので、各種プロセス・プラントに係わるエンジニアリング及び建設の分野において、発注者と受注者の双方から歓迎され、世界銀行の融資案件を含め世界中の多くのプロセス・プラント建設プロジェクトにおいて使用されている。
特徴;(1)発注者及び受注者双方にとって使いやすい公平な条件を整備。
          (2)文章を簡明にし、技術者にも容易に理解できる内容。

セミナーの特徴

本セミナーは、トラブルを未然に防止し、対処する実務的能力を習得するため、次のように標準契約約款の重要事項の解説と事例研究との2つのカテゴリーから構成されています。
(1)解説:プロジェクト遂行上のトラブルがよく起こる事柄に関連して、契約上の重要事項※ につき、ENAAモデルフォームの規定内容や重要条文を解説します。これにより、トラブルに対処する基本知識を習得することができます。
※ 契約上の重要事項:プロジェクトの遂行上、重要な節目に関する規定をいい、“契約の発効と納期”、“不可抗力事象の発生”、“工事の内容と範囲の特定”、“工事範囲の変更”、“工事の完成と引渡”、“性能保証と検収”、“瑕疵担保”等を含む。
(2)事例研究:プロジェクトの遂行上トラブルがよく起こる事例に関連し、その予防・解決方法につき、グループワークにより、討論し、発表し、講師が講評します。これにより、トラブルに対処する実務能力を習得することができます。
(ENAAモデルフォーム プロセス・プラント国際標準契約書(2010年版)をお持ちの方は、当日ご持参下さい。)

ご参加戴きたい方々

国際プロジェクト関係業務(プロジェクトマネジメント、基本・詳細設計、機材調達、組立・建設工事、試運転、営業、財務・ファイナンス、法務等)に携わっておられる方々、今後これらの業務に携わる予定の方々、もしくはこれら業務の経験者の方々。

勝見 和昭 氏

経歴:当協会契約法務部会 部会長
ENAAモデルフォーム国際標準契約書および国内標準契約書の解説セミナーの講師
㈱神戸製鋼所 エンジニアリング事業部   プロジェクト契約室長、リスクマネジメント室長
㈱神鋼環境ソリューション 法務担当部長
日本商事仲裁協会主催、東洋経済新聞社主催の仲裁に関するセミナー、フォーラムの講師、パネリストなど

【実施要領】
開催日時 平成30年3月9日(金) 9:15 ~ 18:00
(昼食休憩を含む。詳細はプログラムをご参照下さい。)
開催場所 エンジニアリング協会 
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-18-19 虎ノ門マリンビル10階
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
定員 24名 (先着順に受け付け、定員になり次第、締切らせて頂きます)
受講料(消費税込) 一般価格:32,000円  会員価格:21,000円
申込受付後請求書を郵送しますので、原則セミナー開催前にお振込みください。
お振り込みいただいた受講料はご返金できませんので、申し込まれた方が出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
申込締切日 平成30年3月2日(金)
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:塩田、田中理恵

開催案内パンフレット:SP-A3 PAMPHLET2017
なお、今回はご好評につき追加開催するものです。

お問い合わせはこちら お申込みはこちら

プログラム

トラブル解決の達人

平成30年3月9日(金)
9:15 受講者ご集合
9:15~9:20 開講、オリエンテーション
9:20~10:45 【第一部】
・契約の基本的捉え方
・国際契約のモデルフォーム
・主なトラブルの主要項目とその原因
・契約スキーム(JVとコンソーシャム、ON/OFF Shore契約、ライセンススキーム)
休憩
10:50~12:15 【第二部】
・契約の調印と発効
・工期延長
・工事の内容と範囲の特定
・図面、書類の承認とThe Engineer
・工事(供給)範囲の変更
・不可抗力
・工事の中断、契約の解除
・工事の完成
12:15~13:05 昼食・休憩
13:05~15:25 【第二部】(続き)
・性能保証試験と検収
・予定損害賠償金(Liquidated Damages)とペナルティ
・クレーム、バックチャージ
・瑕疵担保責任
・ボンド(履行保証等)
・責任の限定
・紛争の解決
休憩(テーブル移動を含む)
15:35~17:45 【事例研究】(Gr. 討議/発表/講評)
17:45~18:00 まとめ、質疑応答

参考図書

ENAAモデルフォーム プロセス・プラント国際標準契約書(2010年版)
注)既にお持ちの方は、当日ご持参ください。