情報システム部会、情報システムデータ標準分科会主催
「ISO 8000:データ品質国際標準」セミナー(2017年6月22日)(会員限定)

 ISO 8000は、国内外で普及しているISO 9000シリーズの関連規格で、様々なビジネスにおいて組織間・システム間で情報交換する際に求められるデータ品質要件・品質の評価方法・プロセスを定める規格です。事業全体のデータ品質のシステム的自動管理が可能となるので、海外では鉄道・ヘルスケア・鉱業・石油ガス・金融・自動車・海事・電力など幅広い分野で適用され、事業損失の先行回避に大きな効果をあげています。データ品質の専門家であり、本規格のISO分科委員会議長である、日本語堪能なKing博士による日本初の講演となります。プロジェクト管理部門、生産管理部門、ICT部門、知財・標準部門などの方々に広く有益な内容です。

開催日時 平成29年6月22日(木) 10:00 ~ 12:00 ※通常より30分繰り上げて開始いたします。
開催場所 当協会 会議室
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-18-19(虎ノ門マリンビル10階)
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
参加費用 会員価格:無料
定員 100名
募集期間 平成29年5月31日(水) ~ 平成29年6月21日(水)
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 企画渉外部
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:中村/伊藤(有)

お問い合わせはこちら

プログラム

「海外エンジニアリングの最新トレンドとISO 8000」   (10:00 ~ 10:45)

苑田 義明(三菱重工業㈱、情報システムデータ標準分科会長)

 

「ISO 8000, 情報品質の国際標準化と海外最新ビジネス事例」(簡易通訳付)  (10:45 ~ 12:00)

Dr. Timothy M. KING(Babcock International, ISO/TC 184/SC 4/WG 13国際議長)