2020年度「エンジニアリング功労者賞・奨励特別賞」受賞者のご紹介

更新日:2021.02.15

一般財団法人エンジニアリング協会(理事長:永松治夫)は、多数の推薦案件の中から小澤一雅氏(東京大学大学院工学系研究科教授)を委員長とする選考委員会の厳正な審議を経て、「エンジニアリング功労者賞」のグループ表彰23件および個人表彰2名ならびに、「エンジニアリング奨励特別賞」5件の表彰を決定しました。

 「エンジニアリング功労者賞」はエンジニアリング産業に関与し、その活動を通じエンジニアリング産業の発展に著しく貢献したグループ(チーム)および個人を表彰するものです。グループ表彰の23件の表彰区分としては、海外におけるエンジニアリング活動を通じた「国際貢献」が5件、「インフラシステム輸出」が2件、エンジニアリング産業における技術力の向上や新分野の開拓等の「エンジニアリング振興」が6件、エンジニアリング産業の諸活動を通じ環境問題の改善に大きく貢献した「環境貢献」が4件、新規性があり「きらり」と光る技術や案件を対象とする「中小規模プロジェクト」が6件です。なお、国際貢献のカテゴリーのインフラシステム輸出は2015年度に設定されていましたが、初めて受賞案件が選定されました。個人表彰2名は、海外におけるエンジニアリング活動を通じた国際貢献です。
また、「エンジニアリング奨励特別賞」は、商業的実用化が期待される先駆的技術の開発に顕著な功績のあった5件を表彰します。

なお、2020年度エンジニアリング功労者等表彰式は、2月15日(月)に予定していましたが、今般、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言発令期間中となったため、「中止」とさせていただくことに致しました。受賞者の皆様には表彰状と副賞を郵送にて表彰式開催日であった2月15日にお届けいたしました。
受賞者および関係者の皆様には、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

各受賞者の皆様は以下の受賞者パンフレットでご紹介させていただいておりますので、閲覧ください。
また、紙上でございますが、永松エンジニアリング協会理事長の式辞、経済産業省製造産業局国際プラント・インフラシステム・水ビジネス推進室長の徳弘雅世様からのご祝辞をいただいておりますので紹介いたします。

【式辞】
エンジニアリング協会
永松治夫 理事長

【祝辞】
経済産業省 製造産業局 国際プラント・
インフラシステム・水ビジネス推進室長
 徳弘雅世様

また、受賞者を代表してエンジニアリング功労者賞(国際貢献)個人賞を受賞された日揮グローバル株式会社の今井真秀様の謝辞を掲載させていただきます。

【謝辞】
エンジニアリング功労者賞(国際貢献)個人賞 受賞
日揮グローバル株式会社 今井真秀様

受賞者紹介パンフレットはこちら

*受賞者紹介パンフレットの受賞者名簿のプロジェクト名をクリックするとプロジェクトの詳細ページに移動します。

 

Engineering Commendation Award