ENAAブログについて

ENAAブログは、エンジニアリング協会の各部署やスタッフが日々の活動の中で感じたこと、経験したことなどをざっくばらんにブログ形式で発信していくコンテンツです。

2021.10.19奇数 or 偶数

世間では、コロナにより延期していた「旅行」について少しずつ前向きな動きが見えます。
ただ「結婚式」においては「(飲食を伴う)披露宴は...?」とまだまだ控える様子。
幸せなカップルを祝う場は、一日も早く正常化する事を願うばかりです。

ところで、そんな遠ざかってしまっている「結婚披露宴」のご祝儀ですが、
世間的には、会社の同僚や友人には3万円が相場だといわれ、1万円札を3枚にすれば奇数となるため「割り切ることができない」、「お二人がいつまでも別れないように」という意味を込め、お渡ししている方が多いのですが、昨今の風潮としては、「ペア」という意味がある事より、2万円を包む方も増えているそうです。

実は、ご祝儀を奇数にしている理由は、そもそも偶数より奇数の方が縁起が良いためなのだそうです。
古代に日本に伝わった中国の思想「陰陽」に端を発し、奇数は陽、偶数は陰に配され、ここから陽である奇数を「吉」と見て、陰の偶数を避ける習慣が生まれ、陰(偶数)よりも陽(奇数)が結婚式などのおめでたい席に似つかわしく、宴会や一大イベントなどの手締めは「三本締め」や「一本締め」、子供の成長を祝うのは「七五三」など、現在でも生活に根ざした様々な場面で「奇数」が登場するのだそうです。

協会では、1月初旬に賀詞交歓会を開催する予定なのですが、飲食の扱いをどのようにするか頭を悩ませているところです。
こちらのイベントは、会員企業の皆様から、ご祝儀を頂戴しておりませんので、お気軽にお越しください。
ちなみに縁起を担いだわけではないのですが、1月奇数日に開催する予定です。

(本日の担当:k)

2021.10.18シンポジウムご参加に感謝致します!

10/15(金)に日本教育会館(一ツ橋ホール)で開催した「エンジニアリングシンポジウム2021」。
まだ収束していないコロナ禍でもあるため、当日は入場制限かつ全席指定席制にして開催しました。
ご参加いただいた皆様、残念ながらご参加できなかった皆様におかれましても、リアル開催を応援下さり感謝申し上げます。
制限上限の満席で、経済産業省そしてエンジニアリング業界幹部が勢ぞろいされる貴重な場となりました。

今年に入り、協会イベントは賀詞交歓会(1月)、功労者表彰式(7月)が、コロナによりことごとく中止となったため、今年最初で最後のリアルイベントです。
協会スタッフはイベントには慣れているものの、1年ぶりのイベントにやや紅潮した面持ちの方も見られます。
参加いただいた皆さんは、1階受付周辺で再会を懐かしむ場面も見受けられ、コロナが引き離した現状を目の当たりにしました。

一流の講師陣にお集まりいただいたので講演は誰もが賞賛するものになりましたが、午前中に機材トラブルが発生したため、お聞き苦しい点があったとも聞いております。
この点は次回への課題として対応致します。

実は数年前、「シンポジウムの役割は終わったのではないか?もう止めるべきではないか?」と議論する機会がありました。
その際には会員企業の皆さんから「1年に1回の祭りとして必要。残しておくべき」との意見が大勢を占め、シンポジウムは今日もそのまま継続となっています。スタッフ側としては、説得力に欠ける継続理由であったため、労力を考えるとやや不満な思いもありました。

ただシンポジウムを終えてみると「やはり、やって良かった」と思いました。
理由は、わかりません...。
来年は「交流会」も開催できる日常となることを期待しています。

(本日の担当:k)

2021.10.14鉄道の日

今日(10/14)は鉄道開業の日。NHK朝のニュースでも紹介していました…。
明治5年10月14日、日本で初めての鉄道が新橋〜横浜間(現在の桜木町駅)に開通しました。
全長:29km、所要時間:58分だったそうです。

現在でも、京浜東北線での新橋-桜木町間(28.9km)の所要時間は41分ですから、当時を思うといかに早い乗り物であったか想像されます。
また高輪付近では薩摩藩屋敷を迂回するため、全区間のうち1/3は海を埋め立てた場所にレールを敷いていたそうです。
明治8年になると、新橋駅始発は朝7:00出発、最終電車は夜11:15発。日付も跨ぐなど、新交通システムとして利用されました。
ちなみに、第一号機である英国製機関車のプレートには「no.614 ENGINEERS」の文字が掲げられており、鉄道博物館(さいたま市)に展示されていますので、ご確認ください。

現在の鉄道技術の進歩は言うまでもなく、協会会員企業の皆様により、むしろ海外に日本の鉄道インフラシステムを展開するまでになっています。
むろん安全・スピードも兼ね備えた日本の技術力。日本のエンジニアってやはり凄いですね。

ちなみに運賃は、上等(1円)、中等(60銭)、下等(30銭)との事。
30銭は当時お米10kgが購入できる金額に相当するようで、庶民にはまだ高価な乗り物だったようでした。

(本日の担当:k)

2021.10.13都道府県ランキング

数日前、ブランド総合研究所の調査による「都道府県 魅力度ランキング」が発表され、1位は例年通り、北海道、次いで2位が京都、3位が沖縄と続いた。残念ながら最下位は茨城となった。
「とても魅力的」、「やや魅力的」、「どちらでもない」、「あまり魅力を感じない」、「全く魅力的でない」のみの点数評価であるため、あまり気にしない方が良いと思うが、自分の居住区がある自治体の順位は気になるのも事実。

それよりも気にすべきなのは、
同研究所が今年6月に既に発表した「都道府県 幸福度ランキング」であると思う。
それこそ、「真の声」であるからである。
https://diamond.jp/articles/-/275138?page=2

1位は沖縄県。次いで2位宮崎県(昨年まで2年連続1位)、そして3位が熊本県という結果であった。
同研究所社長は、「『幸福度』は個人の要素が強く、収入面や健康面が『幸福度』につながりやすく、気持ちの余裕を持つことができる人が幸福を感じやすいといえる」とコメントしている。
コロナ禍でのライフスタイルの変化があっても、宮崎県がこの順位をキープしている事は素晴らしく、それこそ魅力的な地域であることがわかる。
ちなみに同県の魅力度ランキングは17位。
「魅力」と「幸福」の感じ方は異なるのかもしれない。

一方、「(会員企業にとっての) 協会の魅力度」や「(協会職員にとっての) 協会の幸福度」を調査したらどのような結果になるのだろうか?
こちらも気になるところである。

(本日の担当:k)

2021.10.12秋の風

「あかあかと日は難面も秋の風」
松尾芭蕉が「奥の細道紀行」における北陸路(加賀平野)にて、詠んだ秋の句で、
「夏の暑さがまだ残り、赤い日が照りつけている。 それでもさすがに吹く風には秋の涼しさが感じられる」という意味です。

本日の首都圏は、この句と同様、風がとても涼しく感じ、コロナ収束(?)の様子とともに季節の変わり目を感じる日となりました。
一方、西日本地域では30℃を超える地域もあるようです。
皆様、体調にはお気を付けください。

さて、今週金曜日(15日)はエンジニアリングシンポジウムをリアル開催致します。
協会職員は、予約満員となった会場にて会員の皆様を出迎えます。
会員の皆様におかれては、クールビズなどでお気軽な服装でお越し下さい。
この数年、お会いできなかった方々と久しぶりにお会いする場の提供となれば幸いです。

ところで、本日(10/12)は芭蕉忌。
芭蕉のように旅先に向かえる日はそう遠くない、そのような気がしています。

(本日の担当:k)

2021.10.11「聞く力?」 or 「聞き入れる力?」

首相および自民党総裁が、岸田文雄氏に代わり、新体制の船出が始まりました。
目玉は、総務会長に細田派で当選3回の福田達夫衆議院議員を起用した事でしょうか?

「総務会長」は、自民党の最高意思決定機関である総務会の議長。
人事、法案、ここですべて党として意思決定され、ここを通った法案は党議拘束がかかるのが原則。
つまり、賛成と決まったら、自民党の国会議員全てが主張を控えて賛成するのがルールですので、歴代の総務会長も調整能力の高いベテラン議員が就任することが多いです。
そのポストに3回生議員の大抜擢となったわけです。
福田氏にはその期待に応え、十分能力を発揮してほしいと願うところです。

協会においても
出身母体、考え方や価値観が異なる集団ですので、調整が困難な場合があります。
そんな時は、幹部ではなく部署長が互いに協議して解決する場面が多々あります。
6人の部署長は、「聞く力というより、(互いに)聞き入れる力」を保有する方が多く、「自部署の主張は控え、会員企業に取ってメリットにある回答」を優先する姿勢で協議に臨むことを良しとしているので、調整することができるのです。

実は今日、ある議題で揉めそうな事があるのですが、
事前に調整していなかったため、どうなることやら...?

(本日の担当:k)

2021.10.08昨日の地震、皆様大丈夫でしたか?

昨晩(10/7)、千葉県北西部を震源とするマグニチュード5.9の地震が発生しました。
日本政府によると、この地震で重傷者1人を含む複数のけが人が出た模様。
東京23区内で震度5強を記録したのは東日本大震災が発生した2011年3月11日以来、10年ぶりだそうで、現時点、死者が発生していない事は本当に救いのような気がします。

ちなみに「首都直下型地震」の被害状況を検討した機関によると、
最も被害が大きくなるのは「冬」、「風が強い」、「夕方」の3条件が揃った時だそうです。
http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/past2/pdf/higai_gaiyou.pdf
つまり、その条件が揃うと「火災」が発生しやすく、火災による死傷者が拡大するようですね。

(参考用)
冬夕方18時、風速15m/sの場合、死者数:11,000人、重傷者数:37,000人
冬早朝 5時、風速 3m/sの場合、死者数:5,300人、重傷者数:17,000人

これから、冬に入っていきますので、地震発生の際はあわてず、身元安全と共に火元チェックも確実に行いましょう。

さて、協会でこの地震で最も心配したのは、U事務局長の机上にある「資料の山」。
不思議なことに一切崩れませんでした。
「資料の山」の積み方にも免震構造はあるようですね…。

(本日の担当:k)

2021.10.07ハロウィン

日本でも馴染みとなった「ハロウィン」。
仮装をして街に繰り出したり、カボチャのランタンを照らしパーティーなどを楽しむ方も多いでしょう。
しかし、意外と知られていないのが「ハロウィン」の由来や仮装する理由。

ちょっと触れると…、
「ハロウィン」は、古代ケルト人が起源(現在のアイルランド)とされる祭。
ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられておりました。
時期を同じくして出てくる悪霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けのための焚き火するという宗教的な意味合いのある行事でした。
つまり「怖い仮装」をするのは、悪霊を驚かせたり、身を守るためであるという事だとか。

現代でハロウィンが大々的に行われているのは主に英語圏。
つまり英国流の文化が広まった場所(アメリカ・カナダ・ニュージーランド、そしてオーストラリアなど)です。

協会も英国流に染まったわけではありませんが、
冬を迎える12月に米国大使館(開かれたインド太平洋)1月に英国大使館(COP26その後、再生可能エネルギー)の皆様から、ご講演いただきます。
当日は、ハロウィン以外の両国の新しい文化(?)をお聞きいただけると思います。

ところで、ハロウィンになると渋谷交差点が仮装した若者で溢れますが、今年はまだ厳しいかもしれませんね。
現在は、マスクをし顔を半分覆うという仮装が日常化…。
来年こそは、渋谷交差点以外では仮装しない日が来ることを楽しみにしたいと願っています。

(本日の担当:k)

2021.10.06真鍋先生、ノーベル物理学受賞おめでとうございます!

スウェーデン王立科学アカデミーは昨日(10/5)、2021年のノーベル物理学賞を、真鍋淑郎 米プリンストン大上席気象研究員(90)と、ドイツとイタリアの研究者の3氏に授与すると発表しました。
真鍋氏は、物理法則に基づいてコンピューターを用いて地球の気候を再現する「気候モデル」という手法を1960年代に確立。
地球温暖化予測の基礎を築き、気候変動対策に貢献したことが評価されたとの事です。

これまでの「物理学賞受賞案件の傾向とは、異質であった」と一部で話題になりましたが、
約60年前に「地球温暖化の予測の基礎を築いたこと」は、気候変動に翻弄される現代においては異質ではなくこれが本質であると思われ、誰もが賞賛することでしょう。

協会においても本件同様、エンジニアリング業界功労者に対して毎年表彰を行います。
ノーベル賞と同様、選考は秘密裏に行われ、選考委員長以外の選考委員名・人数も一切非公開。
全てが数値化による評価としており、基準点を超えなければ不採択となり、特例も認めていません。
ちなみに来年度については、昨今の「カーボンニュートラル、カーボンリサイクルのような環境への貢献度合い」を加点要素として加えるか、選考委員と議論を開始する予定です。
もし皆様からご意見があれば参考にさせていただきますので、是非とも企画渉外部宛て( kikaku@enaa.or.jp )にご連絡ください。

一方、皆さんもお気づきの通り、ノーベル賞には数学部門が無いのです。
存在しない理由として、「スウェーデンの著名な数学者ヨースタ・ミッタク=レフラーがノーベルの妻を奪ったことを根に持ったためだとする俗説」があるのですが、そもそもノーベルは生涯独身であったので、何故なのか未だに不明なのです???

(本日の担当:k)

2021.10.05あれから10年

米アップル(Apple)の創業者、スティーブ・ジョブズ氏が、膵臓がんとの闘いの末、2011年10月5日に亡くなってから、今日で10年立ちました。
巨大企業に成長したApple。そしてIT界の伝説となったジョブズ氏。
未だにそのオーラは輝き続けます。

かなりの変人としても有名でしたが、
Macintoshの開発からiPod・iPhone・iPadへと、Appleの業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させました。
CEOに就任して以来、基本給与として年1米ドルしか受け取っていなかったことは有名であり、このため「世界でもっとも給与の安い最高経営責任者」と呼ばれていました。

約10年前に協会の実質的CEOとして着任したM専務理事。
会員企業数を137社(2010年)から247社(2021年)までに倍増させ、着任早々から様々な企画を出し続け、その内容(充実した講演会)が未だに新規会員の入会理由第1位で輝き続けます。
社会動向を見るだけでなくタイムリーな講演者を招聘し、10年間飽きさせない講演会を毎週続けて来たことに敬意を表します。
折角ですから、「年収を1ドルにしたら、協会のスティーブ・ジョブズと呼ばれるのでは…?」とお伝えしようと思っているのですが、仕返しが怖いので止めておきます。

最後に、スティーブ・ジョブズの命日に合わせ、彼の意味深な名言で本日のブログの幕を閉じます。
If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?
もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?
- Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ) -

(本日の担当:k)

PAGETOP