第272回ビジネス講演会(2019年4月11日)

ESG投資と再生可能エネルギー
講師:山口 健一郎 様(一般社団法人CDP Worldwide-Japan シニアマネージャー)

開催日時 2019年4月11日(木) 10:30 ~ 12:00
開催場所 エンジニアリング協会 会議室
〒105-0001
港区虎ノ門3-18-19(虎ノ門マリンビル10階)
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
参加費用 無料(会員限定)
定員 100名
募集期間 2019年3月14日(木) ~ 2019年4月10日(水)
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 企画渉外部
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:石倉、東海林

お問い合わせはこちら

プログラム

講演

(2019年4月11日(木) 10:30 ~ 12:00)

講師

山口 健一郎(一般社団法人CDPWorldwide-Japan シニアマネージャー)

《講師プロフィール》
  CDP(Carbon Disclosure Project)は投資家・企業・都市・国家・地域が環境影響を管理するためのグローバルな情報開示システムを運営する英国発のNGOであり、近年ではThe Climate GroupとともにRE100イニシアティブを運営しています。
  講師は東京銀行(当時)、JPモルガン入社、東京三菱インターナショナル社(当時)、ドイツ銀行等、金融機関や商社でのご経験を経て2016 年ロンドン大学環境サステナビリテイ修士取得。2016年よりCDPに参画されるとともに、再エネ資産トレーデイング・プラットフォームのMegawatt-X社パートナーを兼務されています。

ESG投資と再生可能エネルギー

 パリ合意、SDGs、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)等の気候変動に関するイニシアテイブが世界的に広がり、企業価値向上のためには成長との両立を図りながら、環境課題への取組み推進することが益々重要になっています。
 本講演では、日本と世界の企業の環境への取組みとその狙い、投資家への影響等、今企業に求められている環境データ開示について説明し、この状況を新たなビジネスチャンスとするためのヒントをご紹介いただきます。