第276回ビジネス講演会(2019年5月15日)

中国の「一帯一路」構想と地域の対応
講師:防衛省 防衛研究所 地域研究部
       飯田 将史 様 (中国研究室 主任研究官)
       庄司 智孝 様 (米欧ロシア研究室長)
       栗田 真広 様 (アジア・アフリカ研究室研究員)

開催日時 2019年5月15日(水) 10:30 ~ 12:00
開催場所 エンジニアリング協会 会議室
〒105-0001
港区虎ノ門3-18-19(虎ノ門マリンビル10階)
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
参加費用 無料(会員限定)
定員 100名
募集期間 2019年4月11日(木) ~ 2019年5月14日(火)
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 企画渉外部
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:田中裕、鶴巻、東海林

お問い合わせはこちら

プログラム

講演

(2019年5月15日(水) 10:30 ~ 12:00)

中国の「一帯一路」構想と地域の対応

飯田 将史(防衛省 防衛研究所 地域研究部 中国研究室 主任研究官)

庄司 智孝(防衛省 防衛研究所 地域研究部 米欧ロシア研究室長)

栗田 真広(防衛省 防衛研究所 地域研究部 アジア・アフリカ研究室研究員)

 経済力と軍事力を増大させている中国は、今後のアジアの地域秩序を左右する重要なアクターです。「一帯一路」構想を推進する中国のアジアにおける経済的影響力は高まっており、南シナ海やインド洋における中国の軍事的プレゼンスの拡大はアジアの海洋安全保障に無視できないインパクトを与えています。
 本講演では中国が将来のアジアの地域秩序に与える影響を展望するために、中国のアジアにおける秩序構想とその実現に向けた政策を分析したうえで、その主たる対象となっている東南アジアと南アジアにおいてどのようなインパクトを生んでいるかについて概要をご説明いただきます。
 海外プロジェクト部門他、多くの方にご参加いただければ幸いです。