第290回ビジネス講演会(2019年7月12日)

① 瑕疵担保責任 - 国際契約・国内契約での位置付け ~一体何の意味があるのか?~
② プラントエンジニア・建設コンサル会社のための業務過誤賠償責任保険について~フィージビリティスタディから瑕疵保証期間まで~
講師:井口 直樹 様 (長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
   杉本 花織 様 (長島・大野・常松法律事務所 弁護士)
   石蔵 毘都美 様 (AIG損害保険株式会社)

開催日時 2019年7月12日(金) 10:00 ~ 12:00   ※通常より30分繰り上げて開始いたします。
開催場所 エンジニアリング協会 会議室
〒105-0001
港区虎ノ門3-18-19(虎ノ門マリンビル10階)
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
参加費用 無料(会員限定)
定員 100名
募集期間 2019年6月10日(月) ~ 2019年7月11日(木)
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 企画渉外部
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:小倉、東海林

お問い合わせはこちら お申込みはこちら

プログラム

講演

(2019年7月12日(金) 10:00 ~ 12:00)

① 瑕疵担保責任 - 国際契約・国内契約での位置付け ~一体何の意味があるのか?~
② プラントエンジニア・建設コンサル会社のための業務過誤賠償責任保険について
     ~フィージビリティスタディから瑕疵保証期間まで~

井口 直樹(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)

杉本 花織(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)

石蔵 毘都美(AIG損害保険株式会社)

 「瑕疵担保責任」という言葉は、日本アカデミックで長い間「机上」を賑わしてきましたが、皆様ご存じのように、2020年施行の新日本民法から消えました。 しかし、これですべてが解決済とはならず、そもそもシビルロー・コモンローのアプローチは全く異なります。
 今回の講演では、長島・大野・常松法律事務所で国際ビジネス紛争の最前線でご活躍されている弁護士お二人を講師としてお招きし、「日本法準拠法の契約に、安易に『英文』契約文言を流用して済ませてよいのか?」、「プラント契約・サプライ契約の、実際に物を作る側、受け取る側の立場から、本当に役立つ条項は何なのか?」などについて解説いただきます。
 また、プラント引き渡し後の瑕疵保証期間の「設計過誤」リスクをカバーする損害保険について、AIG損害保険株式会社のご担当者から概要をご説明いただきます。