エンジニアリングシンポジウム2020

開催日 2020年10月16日(金) 09:30 ~ 17:00
会場 日本教育会館 一ツ橋ホール
(※昨年までと会場が異なります。)
主催 一般財団法人エンジニアリング協会
後援 経済産業省
※本シンポジウムは新型コロナウイルス感染症対策を実施し、開催いたします。詳細はプログラム(PDF)をご参照ください。

募集要項

【参加費】
9,900円(消費税込み)(会員限定)

【お申込方法】
新型コロナウイルス感染症対策として、本年度の開催は座席数を定員の半数以下とし、
「全席座席指定制」とさせていただきます。
各社の連絡担当者様に申込シートをお送りしますので社内で取りまとめ後、
E-mail でシンポジウム事務局(sympo-admin@enaa.or.jp)までお申込ください。

※ 座席数に限りがございますので、申込確認後、人数調整をさせていただく場合がございます。
※ 人数調整後、連絡担当者様宛に人数分の参加証と請求書をご郵送いたします。
※ お振込いただいた参加費は、開催が中止となる場合を除きご返金できませんので、予めご了承ください。

【お申込〆切】
2020年10月2日(金)

プログラム

2020年10月16日
日本教育会館 一ツ橋ホール
午前の部
09:30

〔 第1講演 〕 今後の我が国の安全保障の課題

河野 克俊
川崎重工業株式会社 顧問
前 統合幕僚長

今後の我が国の安全保障上の課題は、短期的には朝鮮半島を巡る北朝鮮の核、ミサイルの動向であり、中長期的には中国の脅威とりわけ海洋進出です。我が国の安全保障の根幹は独自の防衛努力と日米安全保障体制です。しかし、コロナ後の世界の動向を見通すのは難しく、米国がさらに内向き志向になる可能性もあり、日米同盟の信頼性を向上させるためには、我が国の安全保障上の役割を増やすことによる双務性の向上が必要となります。

11:00

〔 第2講演 〕 お客さまの心を動かすイノベーションとマーケティング

松山 一雄
アサヒビール株式会社 専務取締役 兼 専務執行役員 マーケティング本部長
東京2020オリンピック・パラリンピック本部長

企業の経営戦略やビジネスモデルは千差万別ですが、どんな企業でも経営の究極の目的は一つ。それは顧客(お客さま)を獲得し続けることです。モノもサービスも供給過剰で溢れかえる今日、選択の自由を持つお客さまの心を動かすイノベーションとマーケティングが企業の成功を左右すると言っても過言ではありません。P&G、サトーホールディングス、アサヒビールという全く異なる業界で取り組んだ経営変革の実体験をお話しします。

午後の部
13:30

協会挨拶

理事長 永松 治夫(東洋エンジニアリング 株式会社 代表取締役 取締役社長)

13:40

〔 第3講演 〕 AI社会実装 
      ~大企業×テックベンチャーの共創による日本のビジネス未来~

松尾 豊
一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA) 理事長
東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター 技術経営戦略学 教授

(パネルディスカッション)
モデレータ 川上 登福(株式会社経営共創基盤 共同経営者 マネージングディレクター)
パネリスト 山崎 文敬(株式会社イクシス 代表取締役)
      島本 佳紀(AnyTech株式会社 取締役)
      浦本 直彦(株式会社三菱ケミカルホールディングス 執行役員 CDO)

ディープラーニングは革新的技術であり、大きく産業を変えていきます。そのために、ドメイン知識を持ち、人材育成や事業へ長期的な投資ができる体力を持つ大企業と、先進技術を持つテックベンチャーが発展的に協業し、技術を巧みに業界エコシステムに根付かせることが、日本の産業競争力を強めるカギとなります。単なる技術の共同開発に終わらない、これからのビジネス共創に向けて求められる意識改革の重要性をお話しします。

15:30

〔 特別講演 〕 リチウムイオン電池が拓く未来社会

吉野 彰
旭化成株式会社 名誉フェロー
国立研究開発法人産業技術総合研究所 フェロー 兼 エネルギー・環境領域
ゼロエミッション国際共同研究センター センター長

ノーベル賞受賞の第一の理由、リチウムイオン電池の開発の経緯、実用化とそれがもたらしした社会の変化を振り返ります。更に、もう一つの受賞理由である、現在の「モノ」技術と「情報」技術を融合させる、第4次産業革命により実現されるであろうSustainable社会の実現の道筋と、リチウムイオン電池、さらには新しい電池に期待される貢献について紹介します。今後も、日本発の科学技術の社会貢献に期待しています。

※ 講演者のご事情等により講演者や内容が変更になる場合がございます。
※ 東京都を含む緊急事態宣言もしくは同種の強力な自粛要請が10月9日時点において発令中、もしくは
  9日以降に発令または発令が予告された場合には開催を中止し、その旨を当協会のWebサイトに掲載いたします。

【会場のご案内】

日本教育会館 一ツ橋ホール
〒101-0003
東京都千代田区一ツ橋2-6-2
TEL:03-3230-2833(道案内専用電話)

電車最寄駅               
〇地下鉄都営新宿線
 東京メトロ半蔵門線
     神保町駅(A1出口・徒歩3分)
〇地下鉄都営三田線
     神保町駅(A6出口・徒歩5分)
〇東京メトロ東西線
     竹橋駅(1b出口・徒歩5分)
     九段下駅(6番出口・徒歩7分)
〇JR総武線
     水道橋駅(西口・徒歩15分)
お車                  
首都高速道路、代官山・北の丸インターチェンジ(駐車場はございません。)