第326回ビジネス講演会(2020年9月16日)

国際テロ情勢
講師:公安調査庁

開催日時 2020年9月16日(水) 10:30 ~ 12:00
開催場所 エンジニアリング協会 会議室
〒105-0001
港区虎ノ門3-18-19(UD神谷町ビル10階)
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
参加費用 無料(会員限定)
定員 50名
募集期間 2020年8月26日(水) ~ 2020年9月15日(火)
新型コロナウイルス
感染拡大防止のお願い
・マスク着用のうえご来場ください(咳エチケットにご協力ください)。
・手指消毒にご協力ください。

・社会的距離の確保にご協力ください。
・発熱またはその他の感冒様症状の方は参加をご遠慮ください。  
(入場時に検温をお願いする場合がありますのでご協力ください)
・来場者を確定するために、受付でお名刺(又は参加登録コピー)を頂戴します。
なお、協会構内で感染者が確認された場合は、感染者の人権および個人情報保護に配慮しつつ公衆衛生上の要請を踏まえた対応を行います。

※当協会の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを参照願います。
講演会等における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン
お問い合わせ先 一般財団法人エンジニアリング協会 企画渉外部
TEL:03-5405-7201 FAX:03-5405-8201
担当:鶴巻、東海林

お問い合わせはこちら

プログラム

講演

(2020年9月16日(水) 10:30 ~ 12:00)

国際テロ情勢

公安調査庁

 「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)は、昨年、シリア及びイラクにおける支配地を完全に喪失し、最高指導者バグダディも死亡するなど大きな打撃を受けたものの、その後も一定の勢力を保持し、新たな最高指導者の下、テロ活動及び宣伝活動を継続しています。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大をめぐっては、社会の混乱をも利用しようとし、また、世界各地で活動するISIL関連組織は、引き続き、活発にテロ活動を展開しています。欧州諸国においては、ISILなどの過激思想に感化された者によるテロが発生しています。
 近年、海外で邦人がテロの被害に遭う事案は、ほぼ毎年発生しており、その多くは、レストランやホテルなどソフトターゲットを標的としたテロの巻き添えとして発生しています。このため、我が国権益や邦人を狙ったテロのみならず、巻き添え被害の発生についても警戒が必要です。テロの被害に遭うリスクを少しでも低減させるためにも、現状を理解しておくことが重要です。
当日は、公安調査庁が毎年作成している世界のテロ情勢等について取りまとめた「国際テロリズム要覧2020」および、国内外で深刻さを増すサイバー攻撃の現状についての説明冊子「サイバー攻撃の現状2020」を配布いただく予定です。